読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかむの日記

【今まで以上に、今以上に】

正義か悪かなんて誰もわからない。

お疲れ様です!(^^)

 

いやぁーー春と言えば映画ですね、、??

映画といえば綾野剛が主演の

『日本で一番悪い奴ら』!!!

 

少し前の映画ですが、私自身色々と感じたので

文章で伝えたいと思います。

 

ここから下は

15歳以下は読まないで下さい。

 

あなたは見ましたか?

『日本で一番悪い奴ら』を!

 

内容は予想をはるかに超えてくる面白さで

いろんな意味でR15は納得できました、、

 

表と裏、正義と悪。

 

北海道警察とヤクザの話で

実話をもとにしたフィクションです。

 

現代でも警察の不祥事やヤクザの

ニュースはたまにありますよね。

 

でも昔はその両方が頻繁にありました。

 

そんな中で実際に北海道警のブラックは部分を

描写している映画になります。

 

見終わった感想は

『こんなん表に出していいのか、色々・・・』

となかなかびっくりしました。

 

f:id:nakamuuuuuu:20170410222811j:plain

 

========================

 

綾野剛さんが演じる主人公の諸星は柔道の特練生として

北海道警に入ります。

 

最初は真面目に仕事に取り組んでいたのですが

ある上司との出会いで警察の裏を知ることになります。

 

裏というのは

・違法捜査をしてでも検挙数を上げろ

・ヤクザと仲良くなって情報を抜いてこい

またスパイ(S)を使った違法捜査など、

 

諸星はそこでその違法捜査を

通じ多くの結果を出していきます。

 

ヤクザとつるむようになってからは

『すすきの夜の顔』として街でかなりの

権力を持ちます。

 

諸星はその後も(S)を使って様々な案件を

さばいて生きます。

 

しかし、ある時

諸星に裏社会を紹介した上司が

不祥事を起こし逮捕されます。

 

諸星の違法捜査もいつまでもうまくいかず

(S)を雇うお金を自腹で払っていたため

借金地獄に、、、

 

警察上司からは違法捜査ををしてでも

検挙数を上げろと脅される、、

 

諸星は薬を売買し、お金を作るが

もうその時にはヤクザの領域に踏み込み

しぎて取り返しがつかない。

 

諸星自身も薬に手を出してしまう、、

 

その後、諸星は薬をしていることを摘発され

逮捕される。

 

諸星は牢屋の中で最後に行こう言った。

 

覚せい剤に手を出した自分は言い訳はできません。

ですが道警の捜査方針自体は

暴力団犯罪を抑止するには必要なことでした。』

 

『こんな柔道と喧嘩しかしてない自分を拾ってくれて

同期とは比べ物にならないほどのチャンスもいただきました。』

 

『その恩を向いるために必死に頑張ってきましたし

その頑張りを道警の幹部の方々は評価してくださってるはずです。』

 

『しっかりと罪を償いできるだけ早く職務に復帰し

道警に恩返ししたいと思っています』

 

『後、道警の上層部にあったら伝えておいてください。』

 

『エースの諸星はやる気満々だったと、、、、』

 

========================

 

この映画をみて現代でも

このようなことが起きていても

おかしくない。

 

いつ自分が何に巻き込まれてもおかしくない。

 

自分の目を肥やす必要がる。

 

周りに流せれていることが

どんなけ恐ろしい事か、、

 

法律は治安を守るために作られた。

 

だが常識は何のために作られたのか?

 

「周りがこうだから、、」

「普通でいいか、、」

とか考えていても仕方ない。

 

自分を持って生きていく力をつけないと

この思ってるような人生にはなれない。

 

なりたい自分をなるべき自分を持っていなければ

人生は見失う。

 

結論この映画から感じたことは

正義と悪なんて紙一重。

 

自分で世の中を判断する力は必要。

 

人生なんて『想定外』が当たり前。

 

それを乗り越える力をつけろ!!!

 

情熱で生きて行動し

理由なんてのは後から

こじつけろ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今後ともよろしくお願いします(^^)